犬夜叉 〜かごめの戦国日記〜
犬夜叉 〜かごめの戦国日記〜
アドベンチャーゲーム 1人用 ネットワーク非対応 ステレオサウンド カラー専用
『犬夜叉』が、ワンダースワンで初のゲーム化!
週刊少年サンデーに連載中で、TVアニメも好評放映中の『犬夜叉』がワンダースワンでゲームになって初登場! 画面写真
↑犬夜叉との出合いを振り返るかごめ。物語はここから始まった。
画面写真
↑地面にめり込むほどの「おすわり」。お仕置きにしては強烈。
この『犬夜叉 〜かごめの戦国日記〜』は、プレイヤーがヒロイン「日暮かごめ」になって犬夜叉とコミュニケーションをとる「ふれあいアドベンチャー」だ。プレイヤーの接し方次第で犬夜叉の性格・ストーリーが変化する。
ゲームは「アイテム」「話題」などのコマンドを使って犬夜叉と接する「犬夜叉の森」パートと、仲間と冒険をしながら物語を進める「探索」パートに分かれている。「探索」パートで起きる様々なイベントを多くこなすと、「犬夜叉の森」パートでの話題やアイテムが増え、犬夜叉とのふれあいがさらに充実するようになっているのだ。 画面写真
↑探索パートでは、村人達に必ず話しかけよう。冒険のヒントを得る事ができるゾ。
画面写真
↑『生臭坊主』弥勒も登場。右手にある風穴はどんなものでも吸い込む力を持っている。
また、カセット内部には時計が内蔵されているので、実際の時間とリンクしながらリアルタイムでゲームが進行していく。もちろんゲーム中には原作の名場面が多数収録されており、おなじみのキャラクター達や敵妖怪が登場。
さらに犬夜叉のライバルとして、オリジナルキャラ「妖イタチの疾風」も登場するなどのオリジナルエピソードも数多く用意されている。他にも「アルバム日記」でストーリーを見直したり、「かくれんぼ」といったミニゲームを楽しむ事もできるぞ。 画面写真
↑オリジナルキャラ「妖イタチの疾風」。かごめを自分の嫁にすると勝手に決めてしまう。
発売元 株式会社バンダイ
発売日 2001年11月2日
仕様 16M + 256K S-RAM
価格 4,725円(税抜価格4,500円 税5%)
ジャンル ふれあいアドベンチャー
プレイ人数 1人
サウンド ステレオ
通信 非対応
対応 カラー専用
スワン品番 SWJ-BANC1B
JANコード 45-43112-04212-5


ゲーム画面は開発中のものです。
ソフト内容は開発途中の為、若干の変更が御座います。
あらかじめご了承ください。
(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2000 (C)BANDAI 2001
Copyright (C) BANDAI CO., LTD. 2000 All Rights Reserved.